木製譜面台の総合専門メーカー

譜面台の製品特徴 | アトリエMORI製品マニュアル

LECTERN|ATELIER MORI

傾斜アタッチメントの取付

傾斜アタッチメントについて

通常、譜面を受ける板(アゴ)は譜面板にたいして直角ですので、譜面をめくるときに擦れて引っかかるようです。このアタッチメントを取り付けることにより受けの部分がやや傾斜面になり、譜面の下端が引っかからずにページめくりをスムースに行えるようになります。演奏中に、すばやいページめくりを必要とされるかたには有効なアクセサリです。
ガイドピンに合わせて落とし込むだけですので、ワンタッチで脱着可能です。
傾斜アタッチメントの図解

受け板がわずかに傾斜面になります。
傾斜アタッチメントの取付図
-傾斜アタッチメントの取付図-

お持ちの譜面台に、実際に取付可能かどうかはお問い合わせください。少々の加工が必要な場合がございます。

このアタッチメントは凝り人SFの様のアイデアから生まれました。